東京卍リベンジャーズ│アニメ11話みんなの感想

東京卍リベンジャーズ│アニメ11話あらすじ

武道が執念でキヨマサとのタイマンに勝ち、アッくんこと千堂敦たち溝中の仲間も体を張ってキヨマサたちを食い止めたことで、救急車の到着まで、ドラケンを守ることができた。しかし、ドラケンは意識不明の重体で…。

東京卍リベンジャーズ│アニメ11話みんなの感想

ドラケンが生還して一安心の回でした。後半に現実の世界に戻って色んな変化がある中、タケミチ本人に記憶がない、ナオトの番号もない。全てが変わっていること、タケミチの番号、現実世界に戻ってきたことなどナオトが知っているのか疑問です。

ドラケンが死んでしまうかもしれない状況でなんとか一命を取り留めてくれたのはとてもうれしかったし、あのマイキーがドラケンのために涙を流しているシーンはすごくよくて益々マイキーがかっこいいなと思わされました。

ヒナちゃんとタケミチが一緒にいるところとかカップルらしい行動をしているのをみるとほっこりするし、タケミチはださかったりするけどタケミチの彼女だと幸せだろうなとすごく思いました。もうその時のヒナと会えないと思うと辛すぎてしんどかったです。

マイキーがタケミチを認めて特攻服を渡したのはすごくエモかったし、でもマイキーはタケミチが何かを知っていると悟りそうだったりタケミチが未来から来ているのをしっているみたいな感じがすごく意味深で怖かったです。

ドラケンが何とか助かる感動的な展開が見れてよかったです。いち早く敵の悪事を見抜き、ドラケンを心配して駆けつけたからこそ、タケミチの言動を不思議がるマイキーを映した展開には一瞬ドキリとしました。マイキーの鋭い勘が冴えるのが見えました。ドラケンがタケミチに頭を下げて感謝するシーンには、タケミチの男らしさの証明が見えました。未来をかえる努力をして現代のあっくんを救えたことが分かった時には感動できました。

ドラケンの死をなんとか回避することはできましたが、敵組織の半間を倒しれておらず、彼がこの次になにをするのかがまだきになる要素としてのこっていました。不気味な捨てセリフを吐いて消えた半間の今後が気になる展開になっていました。激しい抗争がみえるスリル展開にワクワクするものがあってよかったです。

チームの旗揚げ時からの歴史がつまったユニフォームをマイキーがタケミチに預けたことに感動できるものがありました。ドラケンとチームの未来を救ったタケミチを男として、友としてマイキーは認めたのだと分かる点に胸が熱くなりました。

過去でとにかく頑張った結果、最後にはあっくんとヒナの未来を変えることが出来て安心できました。タケミチがバイトを首になる未来もとりあえず回避出来ているのにも安心できました。元気に生きているあっくんを見てほろりと来るタケミチの人間性の良さには涙を誘う要素があってよかったです。

未来にかえる前には、一時だけヒーロー気分を味わって調子にのるタケミチが見れたのは面白かったです、過去世界から出発する前の最後にヒナに会いに行くシーンには、男の青春を感じてドキドキするものもありました。可愛く凛々しいヒロインのヒナを演じた和氣あず未さんの芝居がとても良かったです。

勘違いから仲間に裏切られたドラケンですが、誰よりも捕まった仲間のぱーちんを想って動いていたことが分かった点には感動できました。暴走した仲間を愛で許したマイキーのリーダーとしての器の大きさも見えました。強い男たちの優しさがよく見える展開に胸あつくなるものがありました。

ドラケンが手術をうけて仲間が取り乱す中、一見落ち着いているマイキーが実は一番心配していて、ドラケンの回復を一番喜んでいた点にほっこりできました。個性が異なる二人がいかに深い絆で繋がっているのかが分かるものでした。男の友情に感動出来る回でした。

過去であれだけ男をあげたタケミチが、現代に戻ると冴えないバイト店員という点に落差を感じました。でもその点が面白かったです。ヒナの死を回避した未来でヒナに会いに行く段階で終わったので、未来の彼女がどうなっているのかとても気になりました。次回への引っ張り方も上手かったです。

美容師になったら、その時の最初のお客さんはタケミチという約束を大人になってもあっくんが覚えていたこと。その約束を果たすことが出来きたことが、本当に良かったと思います。あっくんとタケミチの爽やかな男の友情がみえる点に感動しました。

ボロボロになることを厭わずに守りたいという純粋ながらも熱すぎる思いを胸に抱いて立ち向かえるのは本当にかっこいいなと思いました。しかしながら、まさしく満身創痍の状態で意識も混濁した様子のドラケンが手術室へ運ばれていくのを観ているのは大変辛かったです。

アニメ「東京リベンジャーズ11話・Respect」で、ドラケンが救急車で運ばれている途中に心肺停止になってしまった時は、タケミチが過去を変えることに失敗してしまったと思いました。そう簡単に死ぬはずだった人間を生かすことなど出来ないのかなと思いましたが、病院の手術室に運ばれて出て来た医師から「手術が成功した」ということを聞いて本当に驚きました。また、ドラケンの手術が成功したことをマイキーが聞いて、誰にも見られないところで 男泣きしていたのもカッコ良かったです。

関東最強の暴走族連合が出来ると半間は言っていたけれど、そのチームを作る為に、東京卍會と愛美愛主を分裂させる必要があったから、まずは捕まったパーちんを慕っていたぺーやんを嗾けて、自首を止めなかったドラケンを狙ったのか、それとも、マイキーの箍を外したい半間たちが、マイキーの箍になっているドラケンを是が非でも消し去りたかったのか。今はまだ見えない初代総長が判ることによって、真の目的が見えて来るんだろうなと思いました。

キヨマサとやり合った後、ドラケンとタケミチが救急車に乗って病院へ向かうシーンはとても緊張感がありヒヤヒヤしました。一度心拍がなくなりもうダメかと思ってしまいましたが、手術を経て復活したドラケンはかっこよかったです。ドラケンを待つマイキーの涙にも感動しました。

タケミチが、キヨマサに立ち向かい見事勝利しました。ポンコツなタケミチがドラケンを守るために勝利する姿すごく感動しました。しかし救急車でドラケンは心肺停止となり手術になります。暗い空気の中、手術が成功と告げられた時、すごくみんなの絆を感じホッコリしました。その後マイキーから特攻服を授かったタケミチは調子に乗っていて、やっぱりポンコツだなと思いました。

11話の感想はここが踏ん張りどころってとこでたけみっちがあそこまで頑張れるなんて思いませんでした!特にどらけんの心肺停止のシーン。待合室のシーン。とてもヒヤヒヤしました。どらけんも無事に死なずに済んで、たけみっちも無事にミッションクリア!マイキーの待合室での対応、さすがとしか言いようがなかったです!マイキーに惚れちゃいました!たけみっちのださかっこよさも1話ずつどんどん更新されていくのもとても面白く、でもやっぱりかっこよかったです!

ドラケンの命が危ないときに冷静に対応するマイキーが実は裏で隠れて泣いている姿をみて、本当な心配で仕方なかったのに周りに心配をかけなくないという配慮の元だったのではと思うととても感動しました。現在に戻り、タケミチがあっくんの美容室に急いでいくのも仲間思いであり、約束を忘れていなかった証拠だと感じました。11話は特に「仲間」を意識するシーンが多く感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。