怪獣8号の32話ネタバレ!日比野カフカ正体バレる!亜白ミアの反応は

怪獣28号の32話ネタバレ

怪獣8号31話のおさらい

協力プレーにより、とうとう本獣のコアを撃破した第三部隊。

隊員達は安堵しますが空には超巨大余獣爆弾が浮かんでいました。

本獣がとどめをさされる直前、空に放っていたのです。

爆発を食い止めるには猶予がない状況で、日比野カフカは怪獣8号に変身してしまいます。

>>怪獣28号の最新話ネタバレ一覧はこちら

怪獣8号の32話ネタバレとあらすじ

怪獣8号32話ネタバレ概要

日比野カフカが怪獣8号に変身したことに驚く第三部隊。

怪獣8号は超巨大余獣爆弾を殴りつけ、はるか上空へ飛ばしました。

その瞬間、超巨大余獣爆弾が爆発して街全体が吹き飛びます。

満身創痍になっている怪獣8号の元へ亜白ミア隊長が現れ拘束しようとします。

ここで32話は終わっています。

以下から怪獣8号32話のネタバレ詳細です!

日比野カフカが怪獣8号だったことに驚く第三部隊の隊員達

違和感は持っとったと保科副隊長は言います。

それなのに、いつの間にか日比野カフカに惹かれ、その可能から目を背けていたらしいです。

変身した日比野カフカに亜白ミアは口を開けて驚いています。

市川レノは「先輩!自分がなにやってるのかわかってー・・」と言いかけます。

とはいえ、このままあの規模のものが炸裂したら、おそらくほとんどの隊員が死ぬ状況です。

日比野カフカは自分の身を張って戦った保科副隊長に対して、

自分だけ身を守ってていいわけがないと覚悟を決めています。

そして「バガン」という音とともに、ふくらはぎと前腕の辺りが開き、噴射口のような穴が出現しました。

日比野カフカである怪獣8号が力を溜めると「ビシィ」と辺り一面、地面にヒビが入ります。

そして飛び上がりました。

フォルティチュード9.8である怪獣8号の本気

怪獣8号は飛び上がり、溜めた力で超巨大余獣爆弾を攻撃しました。

あまりの威力に怪獣8号は体全体から血が吹き出し、顔の仮面もヒビが入り一部割れてしまいます。

次の瞬間「ドバァァン」という効果音とともに、かなりの上空まで超巨大余獣爆弾が跳ね上がりました。

驚く保科副隊長、四ノ宮キコル、そしてその他の隊員達。

切り落とされた本獣の頭も「は?」と驚いています。

大きくジャンプして超巨大余獣爆弾を殴った怪獣8号がようやく地面に降りてきました。

近くにいた隊員は驚いています。

亜白隊長は「その場に伏せてシールド全開だ!!」と総員に指示します。

その瞬間、巨大余獣爆弾が地平線まで大気を放ち、爆発しました。

水素爆弾のような衝撃、突風、破壊力で街全体が一瞬にして吹き飛びました。

亜白隊長は爆発から身を防ぎながら怪獣8号を「あれがカフカくん・・・!?」と驚いています。

爆発が終わり日比野カフカは満身創痍の状態で「あーやっちまった 腕も足もボロボロだ」と心の中で言います。

身も心もボロボロの怪獣8号は仲間に銃を向けられる

怪獣8号の仮面はヒビ割れ、左目部分から日比野カフカの顔が見えています。

怪獣8号の後ろにおり、爆発の被害を免れた隊員は困惑して怪獣8号を見ています。

怪獣8号は市川レノと四ノ宮キコルに心の中で謝っています。

そこに、亜白隊長が現れました。

亜白隊長は拳を握り震わしながら「日比野カフカ いや怪獣8号 身柄を拘束する」と銃を向けて言いました。

後ろにはマスクを被り、銃を構えた隊員が数名と横を向いて刀を持っている保科副隊長の姿がありました。

そこで怪獣8号32話は終わっています。

怪獣28号の32話感想・考察

怪獣8号の噴射口

今回、はじめてふくらはぎと前腕に噴射口が出現しました。

しかし、何かが噴出している描写はありません。

大ジャンプとその後の強力なパンチにおそらくは役立っているのでしょうが、

噴射口の役割や効果は明らかになっていません。

パッと見た感じでは、四ノ宮キコルのような衝撃波を出して

攻撃の後押しをするような機能に見えますが、

逆に回りからエネルギーを吸収するための機能である可能性もあります。

一体どんな仕組みなのでしょうね!

今後も怪獣8号の隠れた機能に期待が高まります!

怪獣8号の全力と怪獣8号の今後の成長

全力で力を込めるだけで辺り一帯に地割れが起きてしまいました。

力を込めるだけで大災害です。

さらに怪獣8号の全力の1発は超巨大余獣爆弾をへこまし、

上空へ吹き飛ばしてしまいました。

そして自分も1発でボロボロになります。

このレベル感からいって、怪獣8号の新機能が明らかになることは今後もあると思いますが

怪獣8号が今よりさらに強くなることはありえません。

十分今でも強いのと、今より強くなってしまうと地球が持たないからです。

日比野カフカは怪獣スーツを着ているだけ?

変身という言葉や今回出現した噴射口などから、

日比野カフカは怪獣8号に体を毎回作り変えて変身しているものかと思っていました。

しかし、今回全力で攻撃を放ったことで

顔の仮面がひび割れ、日比野カフカの顔が半分見えていました。

そうです。日比野カフカは怪獣8号に変身していたのではなく

怪獣8号のスーツを身にまとっていただけなのです。

そうなってくると議論の対象になってくるのが

日比野カフカは怪獣8号なのか、怪獣8号のスーツを着ているだけの人間なのか?です。

今回、話の最後で亜白ミア隊長に拘束されそうになっている日比野カフカですが

今後、軍門裁判か何かにかけられる際はその点が非常に重要な論点になってくるのではないでしょうか。

上手くいけば、日比野カフカは怪獣に感染しており、怪獣スーツを着ることが出来るだけという結論になり、治療の対象となるのではないでしょうか。

怪獣8号と因縁を持つ保科副隊長

「違和感はもっとった」としながらも、日比野カフカのひたむきな性格や、正義を望む人間性、任務における活躍などから日比野カフカが怪獣8号であることに目を背けていた保科副隊長。

さらに元はと言えば、保科副隊長が本獣を倒しきれず亜白ミア隊長に倒してもらった挙句、その途中に超巨大余獣爆弾が発射されたのです。

穿った(うがった)見方をすると

甘い!弱い!恥ずかしい!

と思ってしまいました。

32話の最後のページでは、亜白ミア隊長と他の隊員が怪獣8号の正面を向き銃を構えているのに対し、保科副隊長は1人だけ横を向いています。

そのことからも今回の件における複雑な心境が伝わってきますよね。

恐らく、色んな感情が入り乱れ混乱しているのだと思われます。

以前、保科副隊長が怪獣8号と戦った際、

「最初から6式を使っていれば勝っていた」と自分の甘さを反省したり、

「次会ったら必ず倒す」と覚悟を決めて宣言していました。

今回、カフカを見抜けずさらに株価を落とした保科副隊長ですが、

有言実行して副隊長としての威厳を取り戻すことができるのでしょうか。

まとめ

順当に行けば日比野カフカは軍門裁判にかけられ、研究されたのち処刑されるでしょう。

ここで第三部隊のスタンスが大事になってきます。

軍を説得するのか、日比野カフカを弁護するのか、はたまた処刑に賛成するのかはわかりませんが、

これまで日比野カフカが第三部隊でとってきた言動によって、

第三部隊の隊員達の今後の行動が決定されることでしょう。

いよいよ目が離せなくなってきました!怪獣8号33話に期待したいと思います!!

>>怪獣28号の最新話ネタバレ一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。