怪獣8号の31話ネタバレ!カフカが怪獣8号に変身して第三部隊を救う!?

怪獣8号31話のネタバレ

30話では、保科副隊長と第三部隊の絶体絶命の危機に間に合った亜白隊長は本獣と戦います。

保科副隊長と四ノ宮キコルがサポートして隙を作り、亜白隊長は本獣の核を破壊することに成功しました。

>>怪獣28号の最新話ネタバレ一覧はこちら

怪獣8号の31話のネタバレ!あらすじ

怪獣8号31話の要約

本獣を倒して安堵する隊員達でしたが、保科副隊長が空に浮かんでいる超巨大余獣爆弾を見つけます。

本獣は核を破壊される間際、空に超巨大余獣爆弾を放っていたようです。

亜白隊長が対応しようとしますが、到底間に合うはずもない中、とうとう日比野カフカが怪獣8号に変身してしまいます。

以下から詳細です。

本獣を倒して安心する第三部隊の隊員達

亜白隊長に核ごと上半身を吹き飛ばされたリーダー怪獣はぐらつきます。

それを四ノ宮キコルは片目だけ開けて見守り、

保科副隊長は両目を閉じて真剣に見守ります。

そして、ついにリーダー怪獣は倒れました。

小此木オペレーターが亜白隊長、保科副隊長、四ノ宮隊員の名を読み上げ、

本獣撃破を告げました。

ウォオオオオオオオオオオオ

街中に歓声が響き渡る中で、亜白ミア隊長はビルから降りています。

その様子を涙ながらに日比野カフカは見つめています。

市川レノから日比野カフカに通信で「さすがですね 亜白隊長」と連絡が入ります。

日比野カフカは目を拭いながら「やっぱりむちゃくちゃカッコイイ」と言います。

本獣を撃破した3名は、敬礼をしています。

日比野カフカは「俺もいつかあの中に入りてぇ」と、とうとう泣きながら言います。

「ひどい顔して泣いてますね」と顔を見なくても言い当てる市川レノにツッコミを入れる日比野カフカでしたが「まだまだ始まったばかりです 俺たちも頑張りましょう」の一言に泣き止み前向きになります。

四ノ宮キコルに休むよう指示を出し隊長と余獣の殲滅にかかろうとする保科副隊長でしたが「いやお前も休め」と亜白隊長に突っ込まれます。

亜白隊長は「仮に余獣の討ちもらしと遭遇しても今のお前じゃ戦えんだろう」と言います。

それに対して「まぁ確かにスーツもつぶれとるし足手まといか」と言い保科副隊長は休もうとします。

しかし、その瞬間、保科副隊長は上空に空を覆いつくすほど巨大な物体を見つけます。

出現した超巨大余獣爆弾

続いて亜白隊長と四ノ宮キコルもそれを見つけます。

リーダー怪獣が倒される間近に空へ打ち上げていた超巨大余獣爆弾みたいです。

亜白隊長は総員退避と、オペレーターへ弾倉補充の指示を出します。

保科副隊長は「あかん間に合わん」と、爆弾が落ちると基地ごと吹き飛ぶことを心配し慌てます。

すると、吹っ飛んでいたリーダー怪獣の首が保科副隊長へ話しかけてきました。

「人間。この勝負引き分けだな」と。

リーダー怪獣は核を破壊され消滅する運命にあるのですから、

それと引き分けだということは、第三部隊全員が・・・。

その瞬間、誰かが走り出しました。

主人公の日比野カフカです。

一同は驚き、保科副隊長は「戻れ!!お前が行ってもどうにもならん」と言いかけます。

しかし、あまりに速度が速いことに気付き、言葉を失います。

とうとう怪獣8号へ変身した日比野カフカ

そして「どう見ても解放戦力1%の動きやない」と保科副隊長は言います。

日比野カフカはビルから飛び降りると同時に「すいません保科副隊長」と言い怪獣8号へ変身しました。

小此木オペレーターは「基地中央部に超巨大怪獣反応!! フォルティチュード9.8!!」と叫びます。

そして「この反応、怪獣8号です!!」と言い、怪獣8号が咆哮しているところで怪獣8号31話は終わっています。

怪獣8号の31話の感想

怪獣8号におけるオペレーターの役割

とどめを刺した亜白ミア隊長だけでなく、そのサポートをした保科副隊長と四ノ宮キコルの名前もオペレーターによって見上げられています。

最初は「なんのために?」と思いましたが、よくよく考えると誰が何の怪獣を撃破したかは隊員にとって大事な評価基準であることに気が付きました。

部隊である以上は「パッと見でコイツ何となく強そうだから」などという曖昧な理由で隊長や副隊長になることなどなく、ちゃんと評価基準や段階があるのでしょう。

その証拠に、新人の中では強いとされる四ノ宮キコルは「四ノ宮分隊」と表記されています。

先輩たちは~小隊と呼ばれているので、段階を踏んでいくと分隊から小隊に、

そして隊長へと上がっていくのでしょう。

恐らく、最初は分隊長からはじまり、その後は小隊長、中隊長、大隊長、そして副隊長、隊長といった具合に組織は成り立っていると予想されます。

しかし、試験や練習以上に本番での成果は評価されて然るべきですが、カオスな戦場においては実績が分かりづらく「オレが倒した」「私が倒した」の言い合いにもなりかねません。また、恐らく大規模な組織である以上、本部に正確な状況報告を行う必要があることから、

オペレーターの役割として、弾倉補給や行動指示、アナウンス以外に「評価・採点」のような仕事があるのでしょう。

そう考えるとオペレーターって忙しすぎません?笑

怪獣8号に対する第三部隊の反応は?

  • 戦う
  • 隠蔽する
  • 困る
  • 怪獣8号が逃げる

さあて、どれでしょうか。

部隊として連携すること、そして仲間の想いを尊重してきた各隊員という第三部隊の特徴から、恐らくは隠蔽するか怪獣8号が逃げるという選択肢になるでしょう。

そもそも、怪獣8号は超大型爆弾を処理するために現れたのですから、

爆弾を処理してくれた怪獣8号(日比野カフカ)と戦おうとする隊員がいるとは思えません。

また、戦おうにも亜白隊長以外は満身創痍のため、戦えないでしょう。

したがって、怪獣8号が逃げて逃亡生活に入る、もしくは第三部隊の中だけで怪獣8号のことを隠蔽するという展開になるのではないでしょうか。

いつも遅れる亜白ミナ隊長

本獣が暴れている中、遅れて登場した亜白ミナ隊長。

空に超巨大余獣爆弾が浮かんでいることがわかった瞬間にも

「全隊員退避」と「83番ゲートに弾倉を・・・!」との指示を慌てて出しています

保科副隊長はすかさず「あかん間に合わん」と感想を述べています。

爆発する寸前まで膨らんでいた超巨大余獣爆弾に対して、全員退避できたのでしょうか?

また、どこにあるのかはわかりませんが83番ゲートに弾倉を補充してもらい、取りに行って弾を詰め、放てるだけの猶予があったのでしょうか?

この時、亜白隊長が何と全員に指示を出せば正解だったのかはわかりませんが、

この2つの指示は少なくとも隊長としての適正の無さを示すに値するものだと思われます。

自分自身でもそれを感じているため、幼いころに約束した日比野カフカの助けをいまだに夢見ているのではないでしょうか。

まとめ

日比野カフカはついに絶体絶命!

しかし、まずは超巨大余獣爆弾を処理できるかが大事なポイント!!

頑張れ怪獣8号!!!

>>怪獣28号の最新話ネタバレ一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。