呪術廻戦152話のネタバレ・感想!真希が禪院家を壊滅する

呪術廻戦152話のネタバレと感想

今回は週刊少年ジャンプ連載中の、漫画「呪術廻戦」最新152話のネタバレ・感想を書いていきます。

新章突入早々、怒涛の展開が続いている「呪術廻戦」。人気キャラの死や闇堕ち化は止まる気配を見せません…   今週も息を呑むような衝撃のシーン満載です。

羂索(けんじゃく)が始めたゲーム、「死滅回游(しめつかいゆう)」を攻略するため、禪院(ぜんいん)真希は呪具回収を目的に禪院家へと辿り着く。

しかし実父、禪院扇により呪具を奪われ、先に回収しに来た妹、真衣も扇により瀕死状態に陥る。絶体絶命の中、真衣は真希に術式で生成した呪具を与え、命を落とす。

それにより扇を破った真希は、追って来た禪院家直属「躯俱留(くくる)隊」、禪院家最強集団「炳(へい)」をも薙ぎ倒していく。

「炳」筆頭の禪院直哉も拳の一撃によって沈めた真希は、次の獲物へ向かい歩を進め始める。

呪術廻戦152話のネタバレ・あらすじ

母の乱心

追手を次々に殺し進み続ける真希は、煙の立つ台所へと辿り着く。そこには真希の母の姿があった。

事態を起こした真希を目の前に乱心する母であったが、真希は「なんであの時『戻れ』って言ったの?」と尋ねる。扇がいる忌庫へ行く真希を、母は必至に止めていたのだ。

何の話か理解していない様子の母は、向かってくる真希を拒み続ける。

「いやぁ!!」

母の激しい断末魔と共に、血飛沫が高く上がった。 

産んでよかった

フーッ、フーッと、何者かが荒い息音とともに、血痕を残しながら地を這っている。力を振り絞って襖を押し倒し、その人物は部屋の一室へと転がり込んだ。

「ツメが甘いんじゃ、クソアマ!」と笑みをこぼすその正体は、禪院直哉であった。真希に殴られた顔の右半分は潰れてしまっている。

しかし血の跡を追い、真希の母が包丁を手に直哉の背後を捉える。彼女の喉元は掻っ切られていた。

気配に気づいたのか、直哉は呪力を練ろうと試みる。だが真希に受けたダメージのせいか、うまく練ることができない。「ふざけんなドブカスがぁ!!」と直哉は声を上げる。そのまま真希の母は、包丁を直哉の背中に突き立てた。

「産んでよかった…」

そう言って真希の母は、幼き真希と真衣、そして自分が戯れている姿を思い巡らした。

復讐へと走る真希

真衣を担いで階段を下る真希の元に、一人の女性が駆け寄ってくる。

「真衣ちゃん!」と叫ぶその女性は、真衣と同じ京都高専の3年、西宮桃だった。既に命を落としている真衣を見て、西宮は「だから行くなって…!」と涙を流し始める。

西宮に真衣を預けた真希は、再びすぐに歩み始める。

「これからどうするの、真希ちゃん」西宮はそう聞くも、真希は無言のままその場を後にした。

その日、禪院家に不在だった「炳」6名、「躯倶留隊」21名が非業の死を遂げた。現場に残穢は確認されず、遺体の傷口からは呪具のものとみられる呪力が微かに検出されたという。

後日、五条家および加茂家から呪術総監部に対し、禪院家の御三家除名が提案され、総監部はこれを保留にした。

呪術廻戦152話の感想や考察!

母の首を切ったのは誰?

真希と会った直後の真希の母の喉元は、深く掻っ切られており、直哉を刺した際にはその傷が原因で母もおそらく命を落とした?ように思われます。しかし真希は母親に会った時、「なぜ『戻れ』と言ったのか」と尋ねており、真希から殺意は感じられませんでした。

じゃあ母が自身で首を切ったのか?と予測できますが、直哉を刺した包丁は真っ白であり、自身の首を切ったようには思えません。

やはり真希が母を殺したと考えるのが正解ではないでしょうか。母は乱心しており質問に答える様子は無く、「全部壊して」と言った真衣の遺言通り、真希は母も殺めたのかもしれません。

直哉は呪霊として現れる?

呪術師を殺めるときには、死後呪霊とならないよう呪力で殺す必要があります。

直哉は、呪力を使うことができない真希の拳で致命傷を負わされ、呪力を操作できない真希の母にとどめをさされています。それにより直哉は呪霊へと転じ、後に脅威となる可能性があります。

直哉はいかにも人を呪って命を落とした人物ですから、呪いに転じることは十分ありえそうです。人の呪いの集合体が「真人」であるので、同じく直哉も強力な呪霊となるでしょう。

母は娘達を愛していた

真希の母は直哉を刺した後、「産んでよかった…」と言っていました。前にも扇のもとへ真希を行かせないようにするなど、娘を守ろうとしていたことが分かります。

思い返せば、禪院家の女性は真希、真衣、その母しか登場していません。禪院家にはいわゆる「男尊女卑」の風潮がはびこっており、扇の方針から母も娘達に目をかけることはできなかったのかもしれません。

権力争いの外にいる禪院家の女性にとって、呪力のあるなしに関係なく子に愛情を持つことは当然ではあります。死んでからもヘイトを集める扇はもう生粋のクズですね。

御三家解体?

真希により禪院家の主力はほとんど殺され、現在の禪院家は実質伏黒恵と真希だけしかいない、ということになってしまいました。

総監部は保留にしてますが、加茂家と五条家は禪院家の御三家除名を提案しています。もし禪院家が除名されれば、総監部の情報などが手に入らなくなるかもしれません。虎杖達の今後の立ち回り方にも大きい影響を及ぼしそうです。

五条悟のワンマンであった五条家も、現在は悟を失ってしまっています。このまま御三家自体が解体してしまうこともありえますね。

狗巻の復活

漫画部分とは異なりますが、「死滅回游」編の紹介ページに東京高専二年、狗巻棘(いぬまきとげ)が登場しました。腕を切断されてすぐデスゲームに参加させられるのは、なんとも気の毒ではありますね…

彼が味方として出てくるのかは定かではありませんが、今後も物語に絡んできそうです。

まとめ

今回は「呪術廻戦」152話のネタバレ・感想を書いていきました。

まさかこんな展開になるとは想像できませんでした…真希の心がこれ以上壊れてしまわないか心配ですね。やはり血統に関わる争いは見ているだけでも心が苦しくなります。

来週から本誌での呪術廻戦は1ヶ月間休載です。芥見先生にはくれぐれも無理をなさらず、元気でいて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。