呪術廻戦151話のネタバレ!禪院直哉が真希を嫌っていた理由とは

呪術廻戦151話のネタバレ

今回は週刊少年ジャンプにて連載中の漫画、「呪術廻戦」151話のネタバレ・感想を書いていきます。

前回150話では禪院(ぜんいん)真希の圧倒的な強さ、そして復讐心をこれでもかと見せつけられました。真衣の遺言通り、ホントに全部壊してます。

まずは前回までのあらすじを振り返ります。

呪具を回収するため、禪院家へと足を運んだ真希であったが、父、禪院扇によって行く手を阻まれる。

しかし妹、禪院真衣が命を犠牲にすることによって真希の呪力は消滅。真希は扇を倒し、さらに追手の躯倶留(くくる)隊、炳(へい)の三人組を薙ぎ倒していく。

そんな真希の元に、炳筆頭、禪院直哉が現れる。

呪術廻戦151話のネタバレ・あらすじ

直哉と甚爾

幼き頃の直哉は、呪力が一ミリもない、落ちこぼれの男がいるという噂を聞き、顔を見てやろうと走り回っていた。

“どんなショボくれた人なんやろ、どんな惨めな顔しとんのやろ”

胸を躍らせる直哉の目の前に、ついにその男は姿を現した。しかし直哉は逆に、禪院甚爾(ふしぐろとうじ)と呼ばれるその男の虚ろな眼に圧倒されたのであった。

お前は違う

直哉はものすごいスピードで手刀や拳を繰り出すが、真希は全てを見切りそれを受け流している。真希は何やら数字をカウントしている。

直哉は真希の腕を掴み、真希を投射術式でコマへと変える。そして真希の腹にすかさず蹴りを入れる、打ち付けられた巨大な石壁も砕け散るほどの威力だ。さらに跳ね返った真希に渾身の蹴りを入れ、彼女の身体は崖に埋まってしまった。

“オマエは甚爾君やない!”

雑魚の罪は強さを知らないこと、五条悟以外甚爾を理解していなかった、そう憤る直哉であったが、真希は未だに何らかの数字をカウントしていた。

加速し続ける直哉

起き上がろうと身を上げた真希だが、直哉の攻撃で一瞬にして姿を消してしまった。

追撃をかける直哉。真希の足を掴み、頭を岩に打ち付けながら走る。さらに巨大な岩めがけて真希を投げる。真希は反撃に出ようと駆けだすが、それも見越していた直哉はひらりとかわし、カウンターをかける。

“アッチ側に立つんわオマエやない、俺や!!”

直哉はさらに加速していく。真希は攻撃を喰らっても踏みとどまっているが、限界が近いのかフラついている。

投射呪法は過度に物理法則等を無視した動きはつくれず、速度にも上限がある。しかし絶えず術式を重ねれば速度は上がっていく。直哉は脹相(ちょうそう)に敗北したことを思い出し、もうヘマはしないと速度を上げる。

真希は直哉によって踏まれた地面の跡で囲われてしまい、直哉はついに最高速度に到達した。

決着

仕掛ける直哉に対し、真希は「不知火(しらぬい)型」で受け止めようとする。

扇戦での負傷失血、炳との連戦により、真希の鋼の肉体にもガタが来ていた。亜音速を超える直哉に対して長期戦は不利と察した真希は、真っ向勝負に臨んだ。

「抱いてやるよ」

両手を広げニヤリと笑う真希だったが、直哉は攻撃をすることなく、真希の腕に触れ背後に回った。投射呪法発動中の掌に触れたものも、24分の1秒で動きを作らねばならず、失敗すれば1秒フリーズする。依然トップスピードを維持している直哉にとって、1秒は真希を仕留めるには十分すぎる長さだった。

“やっぱオマエは偽物や!” とどめを刺そうとする直哉であったが、その直哉の目の前には真希の拳があった。真希は投射呪法が1秒を24回刻んでいたことを数え、見破っていたのだ。

「このッ、偽も゛っ」直哉の顔面に、真希の拳がぶつけられる。その拳は直哉を通じて地面をも割り、直哉は一撃でノックダウンしてしまった。

「悪い、もう一回言ってくれ。」顔がつぶれて口も利けなくなった直哉に対し、真希が呟いた。

呪術廻戦151話の感想

直哉の実力

今回の真希VS直哉で、直哉の実力がある程度判明しました。

個人的には想像していたよりも遥かに強かったと感じました。真希が連戦していたとはいえ、投射呪法を見切られるまでは確実に直哉が押していましたからね。高専の同じ一級クラスの中でも上位に位置していると思います。

しかし前当主の禪院直琵人は(悟を除いて)最速の術師と呼ばれていたので、直哉よりも速く、そして強いと予想できます。扇は直琵人には劣らないと威張ってましたが、明らかに直琵人の方が格上ですね。

真希を嫌っていたのは嫉妬の所為か

直哉は甚爾の眼光に圧倒された幼き日から、甚爾に対し畏怖、または尊敬の念を抱いていました。

従って直哉は呪力が無いことに対し、禪院家の連中のように偏見を持っていないかもしれません。

だとすると、直哉が過去に真希に「落ちこぼれ」などと罵声を浴びせていたのは、真希が直哉と同じフィジカルギフテッドを備えていることを妬んでいたのだと考えられます。

性格が悪いことに関しては間違いはありませんけどね、

直哉は生きているのか?

まさかのワンパンで消沈してしまった直哉ですが、まだ確実に死亡したとは言い切れません。

扇や甚一のように首や頭部を切断せず、とどめを刺されなかった直哉は生存している可能性が十分にあります。

仲間に加わってほしい気持ちもありますが、真希がいる限りそれは叶うことはなさそうです。総監部へと繋がり、再び真希の前に現れるのかもしれません。

真希の処遇は?

禪院家を虐殺、さらに五条悟の開放まで目論んでいるわけですから、総監部に目を付けられるのも時間の問題と言えます。死刑判決を下されることも全然ありえます、

このまましれっと虎杖達と合流するのも違和感を感じますし、真希は追われる身として単独行動を続けることも考えられます。

まとめ

今回は「呪術廻戦」151話のネタバレ・感想を書いていきました。

新章がスタートしたものの、真希の禪院家に対する復讐劇で情報が一杯一杯です。「死滅回游(しめつかいゆう)」の影ももう薄くなっているような気がします、

151話では真希と直哉の闘いが大きく描かれました。直哉は天才と呼ばれるに相応しいキャラでしたが、相手がどうも悪かったですね。漏瑚(じょうご)のように実力はあるのにかませ犬のにおいがプンプンします…

しかし禪院家をほとんど壊滅状態にした真希ですが、これから彼女がどうなってしまうのか気になります。

次回の「呪術廻戦」にも目が離せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。