呪術廻戦150話のネタバレ!禪院家最強の術師集団「炳」を瞬殺する真希

呪術廻戦150話のネタバレ

今回は漫画「呪術廻戦」150話のネタバレ・感想等を書いていきます。

前回149話では、禪院(ぜんいん)真衣の死に加えて禪院真希の覚醒など、息を呑むような展開で盛沢山でした、特に真希の姿に伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)が重なるシーンはとても印象的でした。

まずは前回までのあらすじを振り返ります。

デスゲーム「死滅回游(しめつかいゆう)」を攻略するため、真希は呪具の回収をしに禪院家の忌庫へと辿り着く。しかしそこには父、禪院扇と深手を負った妹、真衣の姿があった。

姉妹は懲罰部屋へと放り込まれてしまうが、真衣が自身の命と引き換えに真希の呪力を全て持っていき、一刀の呪具を生成した。

甚爾と同様の、完全なるフィジカルギフテッドを手にした真希は、懲罰部屋の呪霊を一掃し、扇も瞬殺してしまうのだった。

呪術廻戦150のネタバレ・あらすじ

動き始める禪院家

禪院家の警鐘が打ち鳴らされ、その音は対談中の禪院甚一、禪院直哉の耳にも届いていた。

そこに蘭太と呼ばれる少年が一人急いで駆けつける。彼は二人に真希の乱心と、扇が殺害されたこと、躯倶留(くくる)隊を向かわせたことを報告する。              

廊下には、「扇さんだって寝込みや便所を遅われりゃ不意をとる、」と白い服を着た男を筆頭に、忍者のような風貌をした者達が列を成していた。白服の男の合図とともに、後ろの者達は一斉に飛び去った。

彼らは術式を持たない禪院家男児が入隊を義務付けられる「躯倶留隊」と呼ばれる集団であり、白服の男はその隊長を務める禪院信朗(のぶあき)であった。

「いたぞ!正体不明の呪具を二振り確認、囲めぇ!」

躯倶留隊は真希を発見。真希は一瞬にして囲われてしまったのだった。

ごめんな真衣

『何で一緒に落ちぶれてくれなかったの?』と真衣に言われたことを思い出す真希は、“それが私たちの正解だったんんだろうな”と幼き頃の姉妹を思いだす。

“ごめん、ごめんな真衣”                                          真希は敵を前にしながらも真衣を想う。しかし躯倶留隊はそんなことに構わず、真希目掛けて飛び掛かる。

『約束だよ、全部壊して』

真希は真衣が遺した言葉を思い出し、瞳孔を大きく見開いた。

真希vs躯倶留隊

斬りかかったと思った躯倶留隊の一人は、いつの間にかその腕を両断されていた。すぐ背後には呪具を振り上げた真希の姿があった。

その後も真希は両手に掴んだ呪具で敵の急所を次々と落としていく。重力を感じさせない程の身のこなしに、躯倶留隊は手も足も出ない。呪具を一本手放しても、勢いは一切止まらない。

「うーい、首尾はどうだい?」遅れて部屋に入って来た躯倶留隊隊長、禪院信朗であったが、真希は既に最後の一人を斬った後であった。

「びっくらポンだぜ…」信朗は驚き、呟いた。

禪院家最強集団、炳

躯倶留隊を片付けた真希に、一人の老人が忍び寄る。その瞬間、地面より巨大な腕が二本現れ、真希を挟み込んだ。

“長寿郎さんの術式、炳(ヘイ)のお出ましか!” 突然の救援に信朗は安心した様子だ。

蘭太と呼ばれる少年、甚一、そして長寿郎と呼ばれる老人が肩を並べる。彼らは準1級以上の実力を認められた者達で構成される、禪院家最強の術師集団、「炳」であった。

しかし真希を掴んだ腕は強引に破壊されてしまう。向かってくる真希に対し、炳と信朗は構えた。

真希vs炳

真希の呪具をそれぞれ蹴りと刀で打つ長寿郎と信朗であったが、真希は呪具を落とし、素手で二人の喉元を掻っ切った。過去の真希とは一回りも二回りも違うその速さに、長寿朗と信朗は驚き倒れる。

しかし真希の前に大きな眼が二つ現れ、真希は身動きが取れなくなった。

「甚一さん!!」叫ぶ蘭太。真希の動きを止めるのは禪院蘭太による術式だった。だが真希は力ずくで動き始め、大きな眼を両手で破壊し始める。

攻撃を躊躇う甚一であったが、目から血を流しながら、蘭太は叫び始める。「構うな!今の禪院家があるのは甚爾さんの気まぐれだ!真希はあの人と同じになった!今ここで殺るんだ!!」

それを聞き甚一は真希に渾身の一撃を振るう。上空より無数の巨大な拳が真希を押し潰す。

「やりましたね、甚一さん」目を潰された蘭太は足音を聞いて喜んだ。ところがその足音は甚一のものではなく、甚一の首を持って歩く真希のものだった。

池に生首を捨てる真希の元へ、「炳」筆頭、禪院直哉がやって来る。「人の心無いんか?」と笑う直哉に、「アイツが全部持ってちまったからな」と真希は返した。

呪術廻戦150話の感想

真衣の遺した言葉は縛り?

真衣は息を引き取る間際、「全部壊して」という言葉を遺しました。

躯倶留隊の剣士が真希に斬りかかろうとした瞬間、真希はあの真衣の言葉を思い出し、無意識的に反撃したように感じました。

真希のあの強さは、呪力を完全に失ったことによる「天与呪縛」の効果増長に加え、真衣の言葉による縛りによるものなのかもしれません。

真希は呪術師殺しを始める?

真衣の「全部壊して」という言葉が縛りであった場合、この「全部」というものは「禪院家全部」ではなく「呪術界全部」と解釈することもできます。

もしこの縛りが成立していたとすれば、真希は禪院家だけではなく、虎杖陣営のキャラクターも壊滅させるかもしれません。そうなれば真希は総監部から呪詛師に認定される可能性も出てきます、

禪院家はフィジカルギフテッドを認めていた

「炳」の一人、蘭太は「今の禪院家があるのは甚爾の気まぐれ」と話していました。さらに前回、扇が甚爾を恐れていたことも発覚しています。

非術師に対して非常に排他的であり、落ちこぼれだと認識していた禪院家でしたが、甚爾の脅威は心の内では認めていたのです。

その脅威に対する恐怖にフタをするため、禪院家は真希に対しキツく当たっていたとも予想できます。

まとめ

今回は「呪術廻戦」150話のネタバレ・感想を書いていきました。

想像以上の覚醒した真希の実力に驚きました、次回以降は直哉との戦闘が期待できます。個人的には今までやられた分をしっかり仕返しして欲しいです(笑)

次回からの展開にも、ますます目が離せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。