呪術廻戦149話のネタバレ!禪院真希が覚醒し伏黒甚爾レベルに到達!?

呪術廻戦149話のネタバレと感想

今回は週刊少年ジャンプで連載中の漫画「呪術廻戦」149話のネタバレ・感想を書いていきます。

前回148話はまさに「絶望」でした。147話での夜蛾正道学長の死から間もなくこの状況ですから、読者としても心が痛くなるばかりですね…

まずは前回までのあらすじをおさらいします。

羂索(けんじゃく)によって始められたデスゲーム「死滅回游(しめつかいゆう)」を攻略するため、禪院真希は禪院家の忌庫へ呪具の回収に向かった。

しかし忌庫の中には真希の父、扇の姿があり、呪具を奪われてしまっていた。さらに先に部屋へ来ていた妹、真衣も扇によって既に斬られていた。

真希は扇に挑むも敗北。父と子の力の差を思い知るのだった。

呪術廻戦149話のネタバレ・あらすじ

足の引っ張り合い

真希と真衣は扇に首袖を捕まれ、ズルズルと引きずられている。彼女らを追うように、鮮血が二本の跡を成している。

「私は剣士ではない、術師だ。」刀身を折ったことで軽率に間合いを詰めた真希に対し、扇は非難する。さらに自分が当主になれなかったのは、娘達のせいだ、と続ける。子供の出来を除いて、元禪院家当主の禪院直琵人に劣るものはなかったのだという。

「子が親の足を引くなどあってはならない」

そう言う扇に、「日本では足の引っ張り合いが美徳なのよ」と真衣が答える。しかし扇は聞く耳を持たず、娘二人を暗い部屋の入口階段へ突き飛ばした。二人は苦しそうな声を上げながら階段を転がり落ちていった。

子を見放す父

二人が投げ出された部屋は訓練・懲罰部屋であり、2級以下の呪霊を無数に飼っているという。

呪術師は鍛錬した肉体を更に強化するから、天与呪縛もフィジカルギフテッドも意味がない、扇はそう言い放ち、娘達に背を向けた。

「さらば、わが人生の汚点」

スタスタと歩き始める扇。真希たちの周りで蠢いている呪霊は今にも襲い掛かりそうである。

真衣は気を失っている真希の胸に手をあて、心臓が鼓動を打っていることを確かめた。「いつかこうなるんじゃないかって思ってた」真衣は真希の顔へと、自身の顔を近づける。

「最悪」

そのまま真衣は、真希に口づけた。

二人で一人

真希はふっと目を覚ます。そこは真衣の精神世界なのか、あたりには浜辺が広がっている。

「私の術式大体わかってるでしょ、大きいものとか複雑なものはつくれないの」

真希のすぐ横には真衣がおり、彼女は静かに語り始めた。「これ作ったら私死ぬから、じゃあ後は一人で頑張んなさい」

真衣はそう告げたあと、海へ向かって歩き始めた。必死で止める真希に真衣は、ナゼ呪術師にとって双子が凶兆かを話す。一卵性双生児は呪術では同一人物としてみなされるため、何かを捨てて何かを得るという利害が発生しないというのだ。

「アンタは私で、私はアンタなの。私がいる限りアンタは一生半端モンなの。」

片方だけが強くなりたいと努力しても意味がない、片方だけが術式を持っていなくてももう片方が持っていれば意味がない、そう言って真衣は海へと歩き続けた。

全部壊して

「これだけ置いてく、呪力もなにもかも私が持って行ってあげるから、一つだけ約束して」真衣は真希の手に葦の一部を握らせた。

「全部壊して」

真衣がそう告げた後、双子は幼き頃へと姿を変えていた。“全部だからね、お姉ちゃん”と真衣は真希に向かって笑みを浮かべた。

「真衣…」

懲罰部屋にて目を覚ます真希。その手には一刀の呪具が握られていた。

禪院真希、覚醒

「起きて、真衣」

真希は目を開けたまま眠る真衣を揺らすも、彼女は目を覚まさない。その背後より、無数の呪霊が真希めがけて襲い掛かる。

娘を背に歩いていた扇であったが、呪霊の消滅反応を感じ取り振り返った。部屋の扉からはとてつもないオーラと共に、真衣を担いだ真希が現れた。

その瞬間扇は、忘れるように努めていたあの恐怖を、再び思い出し始めた。彼の眼には娘の姿と、禪院甚爾の両方が映っていた。

術式解放「焦眉之赳(しょうびのきゅう)」底知れない恐怖から扇はすかさず術式を展開した。

「来い!出来損ない!!」最大火力で真希を迎える扇であったが、瞬きをする間もなく、彼の額から上は切り落とされていた。

「真衣、始めるよ」父の額が落ちる音と共に、真希は覚悟を決めた。

呪術廻戦149話の感想

真希は伏黒甚爾に匹敵する存在に?

真衣に呪力を全て奪われ、真希は伏黒甚爾と同じく、完全に呪力を持たない天与呪縛を手に入れました。大量の2級以下の呪霊を瞬殺、その後扇も瞬殺するなど、甚爾の無双っぷりを再起させる実力を見せます。

甚爾は所持している呪具によっては作中最強クラスであり、あの五条悟に傷をつけるどころか、一度勝利しています。さらに、降霊術によって復活した甚爾は特級呪霊、陀艮(だごん)を圧倒しています。

もし真希が甚爾と同じ実力を手にしたのなら、乙骨憂太や九十九由基に次ぐ、虎杖陣営の最主力となることは間違いありません。

真衣が遺した呪具は「構築術式」を持つ?

真衣は自身の命を全て投げうって、真希に特級クラスと思われる呪具を遺しました。真衣は無から物質を生成する「構築術式」の使い手であり、呪具もそれによって生成されたものです。

呪具はそれぞれ効果が付与されており、真衣が生成した呪具は「構築術式」にちなんだ効果を持っているのではないでしょうか。

「構築術式」は燃費が悪く、呪具の効果となっても上限はあるかもしれませんが、もし「呪具を生成できる」といった能力が付与されているならばかなり強力です。五条が過去に破壊してしまった「天逆鉾(あまのさかほこ)」、或いは「黒縄(こくじょう)」も生成することができるかもしれません。

そうすれば来栖華の助けを必要とせずに、五条を極門疆(ごきもんきょう)から救い出すこともできます。

まとめ

今回は「呪術廻戦」149話のネタバレ・感想を書いていきました。

ついに真希は覚醒を遂げますが、真衣は死んでしまいましたね…高専のメンバーの死は他のキャラの死と比べて喪失感が増しているように感じます。まだメカ丸の死を消化しきれていない三輪霞のメンタルが心配です、

禪院家の屋敷には禪院直人含めた数々の強者が揃っています。次回から真希がどのようにアクションを起こしていくのか気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。