呪術廻戦148話のネタバレ!禪院真希VS禪院扇の親子対決

呪術廻戦148話のネタバレと感想

新章「死滅回游」編へ突入し、また一段と熱い盛り上がりを見せる漫画「呪術廻戦」。

今回は最新148話のネタバレ、感想などを話していきます。

「渋谷事変」編では多くの仲間を失いましたが、前回147話では夜蛾正道学長も失われ、今章もその流れが止まることはなさそうです…

羂索(けんじゃく)によって始められた呪いのゲーム「死滅回游(しめつかいゆう)」。天元から羂索の目的、五条悟の開放方法を聞いた虎杖悠仁達は、ゲーム攻略のため、情報収集、戦力回収へと急ぎ四手に分かれることを決意する。

禪院(ぜんいん)真希は呪具の回収を目標として、禪院家へとひとり乗り込む。

呪術廻戦148話のネタバレ・あらすじ

禪院直哉との因縁

「酷い面やな、真希ちゃん」

真希を迎えていたように部屋に佇んでいる禪院直哉。女を顔で判別できたのか、と返す真希に対し、直哉は罵声を浴びせ始める。禪院家にとって呪力が無いことはほとんど無価値とみなされる。

「昔みたいにまた虐めたろか?」

直哉はそう軽く脅すも、真希はピクリとも動じなかった。

産んでよかったと思わせてよ

真希は忌庫への鍵を手に、石階段を下っていく。

着物を着た女性が真希を止めにやってくるも、「当主様がいいっていってんだよ」と真希は気にせず進み続ける。真希は事前に禪院直琵人の遺言通り、伏黒恵に禪院家当主となるように頼んでいた。

真希の回想~

「俺が禪院家当主?お断りします。」

恵は一度断るも、真希は恵が当主となることで、立ち回りが大きく変わると説明する。恵は真希に当主の権利を譲るというも、まだ私じゃダメなんだよ、とそれを拒む。

私じゃ真衣の居場所をつくってやれない、そう言う真希を見て、恵は提案を飲んだのだ。

「戻りなさい!!」着物の女性は叫ぶも、真希はお構いなしだ。

「一度くらい産んでよかったと思わせてよ…」真希の母親であったその女性は、残忍な顔をして呟いた。

謀殺計画

真希は忌庫の鍵を開け、真っ白な空間に辿り着く。そこには真希の父親の姿があった。

「お前“達”を見越して、ここにある呪具は全て空にした」そう語る父、禪院扇の足元には禪院真衣が血を流して倒れていた。

一方直哉と禪院甚一は、一室で話をしていた。

「伏黒恵はオマエより幾分マシだが、全財産を譲ることは納得できない」甚一はそう直哉に話す。しかし恵は五条家だけでなく、加茂家ともコネクションも持っており、理由もなく消すことはできないと語る。

そこで甚一は総監部からの通達を話す。

“五条悟を渋谷事変共同正犯とし、呪術界からの永久追放、かつ封印を解く行為も罪と決定する”

これを利用し、五条悟解放を企てたとして恵と真希を誅殺するという。

「扇のオジさんはそれでいいん?」と尋ねる直哉に、甚一は「発案者は扇だ」と返した。

“父” 対 “娘”

秘伝「落花の情」

扇は交渉材料として生かした真衣、真希の所持する未知の呪具に備え居合を構える。

対して真希は組屋鞣造(くみやじゅうぞう)の傑作、“竜骨”を手にする。刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し、使い手の意図で峰から噴出できる代物だ。

「なぜ前当主が私でなく直琵人だったかわかるか?」と聞く扇に、「テメェが子供を殺せるクソ野郎だからだろ」と答える真希。

両者とも柄に手をかざし、先に扇が仕掛け始める。真希はすかさずそれを受け止め、“竜骨”の能力で扇の刀身を叩き斬る。真希は素早く後ろに回り畳みかけようとしたが、扇はひらりとそれをかわし、真希の脇腹を斬りつける。

「折ったはずの刀身が、なんで…」

扇の折られた刃の先からは、呪力で生成された刃が伸びていた。真希はその場に座り込んでしまう。

「なぜ私が当主になれなかったか、それは子供のお前達が出来損ないだからだ」と扇は真希に言い放った。

呪術廻戦148話の感想や考察

禪院扇の術式とは

扇は真希との戦闘の中で刀の先を失いましたが、呪力のようなもので折れた刀身を補填していました。

これにより扇の術式は物体を造る「構築術式」だと予想でき、娘の真衣にも受け継いでいるものだと思われます。「構築術式」は燃費が悪く、真衣も一日に弾丸一発が限度となっているので、直琵人や直哉のような術式中心の戦いはなかなか難しそうです。

扇は当主になれなかったことを娘達のせいにしていますが、直哉もパッとしないと言っていたので、個人的には直琵人には劣ると思います。直琵人は五条を除けば最速なので、そもそも直哉よりも格上だと考えられますしね。

禪院家対虎杖、恵、秤に?

甚一と直哉は、五条解放を目論んだとして真希と恵を殺すよう企んでいます。

恵と虎杖は現在、三年の秤金時(はかりきんじ)を勧誘しに彼の元へ向かっています。しかし禪院家からの刺客が現れ、秤と合流した虎杖達と争う展開となるかもしれません。甚一らの術式もここで判明するかもしれません。

秤は東京高専3年の中では乙骨に次ぐ実力者だと言われています。彼の活躍を見るのが楽しみですね。

真希は扇に勝てるのか?

元々深手を負っていたこともあり、扇に敗北したかのように思える真希。

これまでの「呪術廻戦」を見る限り、真希はこのまま呪具も回収できずに死亡…なんてこともありえますが、ここまで胸糞な父親にいい思いをさせたままというのはなかなか苦しいですよね。

扇は交渉材料のために真衣を生かしています。このあと真衣が真希と手を組み、父に打ち勝つ展開もありえますね。

禪院家はほぼ壊滅か?

当主である恵と、真希、真衣は現時点で虎杖の味方となりますが、他の禪院家はほとんど敵となります。これから虎杖陣営と禪院家が衝突したとき、もし禪院家が負ければほとんど壊滅状態となってしまいます。

五条家も現在当主(五条悟)を失ってしまっており、御三家が形骸化してしまう日もそう遠くないかもしれません。

まとめ

今回は「呪術廻戦」最新148話のネタバレ、感想を書いていきました。

今回は禪院家の非道さがよく分かる回でした。特に扇に関してはもう最悪です、パパ黒(伏黒甚爾)が百倍マシに見えますね…今思うと直琵人は禪院家の中ではめちゃくちゃ優しいおじさんでしたね。失ってしまったのが惜しいです。

呪具も回収されてしまい、今回もかなり絶望的な展開となりました。そろそろ逆転の狼煙が上がってくれることに期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。