呪術廻戦147話のネタバレと感想!夜蛾学長が楽巌寺嘉伸に敗れ死亡

呪術廻戦147話のネタバレと感想

今回は漫画「呪術廻戦」最新147話のネタバレ・感想を書いていきたいと思います。

新章「死滅回游(しめつかいゆう)編」へ突入し、少年漫画とは思えない程ダーク要素が強くなってきてますね…

これからご紹介する147話も悲しい展開続きとなっています。

「渋谷事変」を終え、乙骨憂太に保護された虎杖悠仁は伏黒恵らと再会し、羂索(けんじゃく)が仕組んだゲーム「死滅回游」を収拾する情報を得るため天元と対面する。

天元は悠仁達に羂索の目的、さらに五条悟を獄門疆(ごくもんきょう)から解放するには「死滅回游」の泳者(プレイヤー)である“天使”の協力が必要だと語った。

九十九由紀と脹相(ちょうそう)は天元の護衛、禅院真希は呪具の回収、乙骨は「死滅回游」の情報収集、虎杖と恵は3年、秤金時を勧誘するため、それぞれ分かれるのであった。

呪術廻戦147話のネタバレ・あらすじ

獄中の夜蛾正道

都立呪術高専の学長である夜蛾正道(やがまさみち)は、京都高専学長、楽巌寺嘉伸(がくがんじよしのぶ)に捕らえられ、投獄されていた。

楽巌寺は夜蛾に、パンダを始めとする、呪力を自己補完して活動する呪骸(じゅがい)の造り方を問う。本来の呪骸は自立可能であるが、動力である呪力は術師が与えたものを消費するという。もしその概念が覆れば、夜蛾は容易に軍団を造ることができてしまうということになるのだ。

上層部は夜蛾を特級認定し、無期限拘束を下そうとしているらしい。

「本当にアレの造り方を知らんのだな?」

楽巌寺は念押しして夜蛾に問うが、夜蛾は「はい…」と呟くのみだった。

呪骸たちとの別れ

場面は森の中の草原へと変わり、中央の丸太には夜蛾と一人の呪骸が腰掛けている。

呪骸は、みんなまさみちが元気ないのを心配してる、と夜蛾を励ます。夜蛾は呪骸の頭を優しく撫でた。

「すまないが暫く帰れない」夜蛾は呪骸に呟いた。どこか寂しそうな顔をする呪骸に、「この森は天元様が守ってくれている、お前の母さんもまた会いに来る。俺がいなくても大丈夫。」と夜蛾は語った。

深い森の中、ひとり小さな扉を開けている夜蛾は、「まさみち」と呼ばれ振り返った。そこにはさっき話していた呪骸を筆頭に、たくさんの呪骸が並んでいた。

「まさみちがいないとさびしいぜ」

そう言って呪骸は夜蛾に別れを告げた。

パンダ救出

上層部により捕らえられていたパンダを、日下部は開放する。パンダは夜蛾を誘い出すために捕らえられていたのだと日下部は語った。

「あの人には恩がある」そう言って日下部は、パンダを夜蛾のもとへ向かわせる。

日下部の受けた恩義

日下部の回想~

「本当にいいんだな」 

夜蛾は日下部に問う。日下部は車いすに乗った女性を連れている。

「こいつはお前の甥ではない、甥の情報を持った何かだ」と忠告する夜蛾。日下部は「死人に拘ってちゃいけない、でも妹はもう“タケル”の支えなしには生きられない」と答える。車いすの女性は日下部の妹であった。

“あの人僕のお母さんじゃない?” 夜蛾の足元から一人の呪骸が顔を出す。丸太の上で夜蛾と話していた呪骸である。よく分かったな、と言う夜蛾に、呪骸は「天才だろ?」と応えた。その瞬間女性の脳裏には、息子タケルの姿がよぎっていた。

「タケルぅ…タケルゥゥ」

女性は走り出し、呪骸を強く抱きしめた。夜蛾は「悪いが、呪骸と妹は一緒には暮らせない」と日下部に話す。完全自立型の呪骸の存在は公にできないからだ。

「何謝ってんですか、ありがとうございます、本当に、ありがとう」

日下部は涙ながらに感謝を訴えた。

呪骸の秘密と夜蛾の死

時は現代に戻り、夜蛾は夜道を一人歩いていた。

すると電灯の上に、マスクをした男が現れた。「呪骸も連れずに何処へ?」と尋ねる男に、「息子に会いに」と夜蛾はジャケットを脱ぎ捨てる。

「完全自立型人工呪骸の製造方法を明かせば死罪から救う」という男の提案を、随分と強気だな、とあしらう夜蛾。さらにはそこに呪具を持った楽巌寺が現れる。しかし夜蛾は呪骸の情報を語ることはなく、楽巌寺の斬撃を喰らい致命傷を負ってしまう。

後はワシに任せろ、と楽巌寺は男を去らせる。だがその時になってようやく、夜蛾は完全自立型人工呪骸の造り方を語り始めた。

「肉体の情報の情報から魂を複製し、その情報を呪骸の核に入力、さらに相性のいい三つの魂を宿した核を一つの呪骸にする、生後三か月を過ぎると呪力の自己補完を始めます…」

なぜ今になって…と驚く楽巌寺に、「私からアナタへの呪いです」と夜蛾は微笑み、息を引き取った。

そしてパンダがようやく夜蛾のもとに到着する…

パンダだって…

パンダはずんずんと歩き始める。楽巌寺は構えるも、パンダはそれを素通りした。

「儂が憎くないのか」と尋ねる楽巌寺に、「人間と一緒にするな、どーせ上に命令されたんだろ」と返すパンダ。「だがこれだけは覚えておけ」パンダは夜蛾を抱え、続けて楽巌寺に述べる。

「パンダだって泣くんだ」

そうして静かな夜に、パンダの泣き声が鳴り響いた。

呪術廻戦147話の感想や考察

147話にて呪骸の謎が明らかになるなど、新事実も発すると同時に、夜蛾学長もこの世を去ってしましました。

これらを踏まえて感想や考察を述べていきたいと思います。

夜蛾はわざと楽巌寺にやられたか?

夜蛾は楽巌寺にあっさりと破れてしまったように思えますが、彼も一級呪術師であると同時に、高専の管理も任された男です。さらにこの147話の冒頭では特級に指定されたことも分かり、五条や乙骨らには及ばなくとも、同じくらいの脅威を持っていると判断されています。

そんな夜蛾が楽巌寺に手も足も出ないということは考えられないと思います。

夜蛾は一流の呪骸使いである自身の腕を利用されないために、わざと殺されることを決意したのではないでしょうか。

パンダの魂の正体は夜蛾の実子?

完全自立型人工呪は、まず肉体から魂の情報を抜き取る手順があり、日下部の甥であるタケルも、魂だけは蘇生された?状態となっています。

もちろんパンダも誰かの魂から生成された呪骸だということになりますが、その魂の持ち主は夜蛾の実子なのではではないでしょうか。

夜蛾は呪術師の中でも珍しく結婚歴があり、子供がいてもおかしくはありません。その子は幼くして命を落としてしまい、夜蛾の執念の結果パンダが生まれたのかもしれませんね。

まとめ

今回は「呪術廻戦」147話のネタバレ・考察をしていきました。

夜蛾学長も死亡してしまい、虎杖陣営の仲間たちはどんどん悲惨な状況へと向かってしまっています。

みんなで楽しく学園生活を送っていたのがもう遠い昔のようですね…

しかし乙骨という新しいカードも手に入れ、これから逆転体制に突入しているようにも思えます。これからの虎杖たちの活躍に期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。